SDGsへの取り組み

有限会社火焔山フードサービスは、相模原市の「さがみはらSDGsパートナー」に登録されています。

当社が掲げる目標はこちらです。

1.食品ロス削減のための仕入れ調整
  無駄な食品ロスを減らすため、仕入れは一括仕入れではなく、少量での仕入れを心がけています。
  また、グループ店舗間で、食材の分配などをし、廃棄を減らす工夫を行っています。

2.食材在庫に合わせたメニューを打ち出すなどの工夫
  当店は、通常メニューに加えて、その日の在庫状況に応じたサイドメニューの提供を行っています。

3.子育てママの在宅勤務としての採用、環境づくり
  本社業務に携わる従業員には、現役子育て世代のママさんも勤務しています。
  子どもや家庭を優先できる仕組みとして、在宅勤務の推奨もしています。
  従業員のライフスタイルに合わせた働き方・環境づくりを行っています。

4.地産地消への取り組み
  当店では、地産地消の観点から、「相模原米キヌヒカリ」を使用しています。
  また、相模原市の農家から仕入れた野菜も使用しています。
  さらに、新たに株式会社日本フードエコロジーセンター様が養豚場畜産農家様と共同してブランド豚「優とん」の使用も開始しています。

5.店内照明の人感センサーとLED化
  店舗では必ずピークタイムとアイドルタイムが発生いたします。
  アイドルタイムでは、不要な電力を使わないよう人感センサーを導入しております。
  また、電力・ガス・水をこまめにオフし、節電・節ガス・節水に努めております。

6.事務所機能を在宅勤務者へ移行
  必要時以外は、在宅勤務を推奨し、無駄な移動やコストを削減しています。
  その結果、作業の効率化がアップし、業務に対するコストパフォーマンスが向上しました。

7.SDGs普及活動
  上記以外の活動にも積極的に取り組み、SDGsへの理解・普及活動に努めております。

トップに戻る

炭火焼肉 火焔山餃子房 田名塩田店

ロゴ
LINEアイコン
Instagram

炭火焼肉 火焔山 厚木店

ロゴ
LINEアイコン
Instagram
トップに戻る